Thursday, October 25, 2007

夢の話

ぬるいお風呂に浸かりながら脳科学者の茂木健一郎の本を読んでいた。本の中で、彼が箱庭療法を受けた話、そして、彼が見た夢を書き記しておく習慣があるという話に至った箇所で、突然、昨日見たとても奇妙な夢の話を思い出した。その夢は、強烈な印象を残して僕を眠りの外に引きずり出した。夢と現の間を行き来しながら、これは忘れることができないと思ったのだけど、再び目が覚めたときにはすっかり記憶の外側に行ってしまっていた。全くの偶然でその夢の記憶が蘇ると、もう、活字が頭に入ってこなくなった。

グロテスクなことを書くので、苦手な人は読まないでね(本当に)。

………

僕の足元に、白っぽい、両手で抱えるくらいの大きさの袋が飛び出してくる。
袋は突然破れて、中から、巨大な心臓が現れる。
心臓は、中央がへこみ、どくん、どくん、と動いている。
赤黒い血液でどっぷりと濡れている。
まだ、動いている、と思う。
血液がみるみる間に溢れ出す…。

ふと前を見ると、左右に二つの巨大な風船がある。白くて、中は見えない。
右側の風船が破裂する。
数人の、首をつった人が現れる
皆、白い服を着て、白い布で頭を覆われている。
次に、左側の風船が破裂する。
女の子が数人、首枷をつけられている。
中に、一人知っている女の子がいる。
僕は、必死で、「見るな!」と叫ぶ…。

………

あれだけ強烈な印象を残した夢のことを、すっかり忘れてしまっていたのは驚きだった。
夢の中で、あるいは目覚めた直後、夢を覚えておきたいという強烈な思いに駆られることがある。でも、それらの夢は、ほとんど全て、朝露のように消えてしまう。
茂木健一郎が、箱庭療法で無意識の世界が表出されることに驚きを表明していたが、無意識の世界は、覚醒しているときには想像もできないほど、深く、広く、不条理だ。

無意識の階段を降りてみたいと思う。
海の底に沈んだ記憶や思念に触れてみたいと思う。
でもきっと、それらは、一度も掬い上げられないままに、僕という存在が消えてしまう。
それらの記憶や思念が僕を形づくっているのだとしたら、それは、とても、不条理だ。

3 comments:

Anonymous said...

Dear Taku,
i cannot understand a word you are saying!!! : ) hihi!!

... I know i should be saving my money for a plane ticket for japan... but i could'nt help myself, a friend of mine will be spending the holidays alone in LONDON!!!! yep!! i felt sorry for her... !so.... I'll celebrating new year's in London!! it's been 4 YEARS since E.F and everything! I,ll always remember that AMAZING Month (November 2003!)

take care,
Elaine xxx

Taku said...

Hi! Elaine!!
Long time no see! Welcome back!!
I have just emailed you.
I am always looking foraward to hearing from you.
Thanks for your post!
Ciao!

Alex Smith said...
This comment has been removed by a blog administrator.